5階

プラネタリウム

満天の星空に大興奮!

観覧者とコミュニケーションをとりながらの解説なので、ライブ感も楽しみのひとつ!
原則月3回「ヨルネタリウム」などの大人も楽しめる夜間投影も行っています

世界初!日本とドイツの技術が結集した統合型プラネタリウム

当館のプラネタリウムは、
●光学式投影機:カール・ツァイス製「スカイマスターZKP4(LED)」国内初
●デジタル式映像投影装置:コニカミノルタ製「メディアグローブΣ」
この2つの機器を組み合わせた世界初の統合型プラネタリウムです。
このシステムを使って、美しく、本物に近い星空や迫力ある全天宇宙映像の投影を行います。
プログラムは、小中学生向けの学習投映だけでなく、一般向けの投映や小さい子ども向けなど幅広い世代の人が楽しめるものを用意しています。

観覧料金 個人
大人500円
高校生300円
中学生・小学生・幼児100円
観覧料金 団体
大人400円
高校生200円
中学生・小学生・幼児50円

※団体料金の適用は20人以上の団体(事前予約が必要)に限ります。
※4歳未満のお子様は無料です。
※身体障害者手帳・療育手帳、精神障害者福祉手帳の交付を受けている方、および、その介護者1名さまは無料です。
※観覧券は当日朝9時から投影開始まで販売します。(団体利用以外での前日からの予約はできません)
ドーム径:13m
座席数:80席(親子シート、車椅子用スペースもあります。)

投影スケジュールスケジュール

スケジュールカレンダー

令和2年5月

6月のスケジュール

令和2年6月

   

プラネタリウム番組 眠れなくなる宇宙のはなし

「知の象徴」といわれる謎のフクロウの背中に乗って、宇宙を駆け巡る少年。時に時空を超えてガリレオ・ガリレイやアインシュタインに会いに行ったり、宇宙のはじまりの姿を知ったり…。本番組では、大人も子供にも楽しめるように、「絵本 眠れなくなる宇宙のはなし」のキャラクターたちが登場。家族みんなで最新の天文・科学が学べる番組となっています。

  • 小学生〜一般

投影時間
星空解説+番組 あわせて約50分

こども番組 しまじろうとおつきさまのひみつ

ガオガオさんのふしぎ堂へ天体観察に集まったしまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい。ところが、ガオガオさんが発明した望遠鏡が大暴走!飛んでいった望遠鏡を探しにいった先で迷子の月の妖精ルナに出会う4人。果たしてしまじろうたちは無事にルナを月へ送り届けることができるのでしょうか?

  • 幼児〜小学生

投影時間
番組約25分

プラネタリウム番組 プラネタリウム ちびまる子ちゃん
それでも地球はまわっている

「地球は回っている?それに気づいたのはだれ?」ふと疑問に感じたまる子。昔の人は太陽も星も地球を中心に動くと信じていたけど、コペルニクスやガリレオといった人たちが本当は地球の方が太陽のまわりを回っていると発見したらしい。もっと地球や宇宙の事を知りたいと思ったまる子たちは科学館へ遊びにいくことに。そこで目にした古代の人たちが考えた不思議な宇宙のすがたとは…!?

  • 小学生〜一般

投影時間
星空生解説+番組約50分

プラネタリウム番組 ISSからの眺め

日本人宇宙飛行士も滞在するISSから地球を眺めよう! 高度400Kmに建設された宇宙に浮かぶ「国際宇宙ステーション」(ISS)ここから見る世界最高の眺望は、どのような景色なのでしょうか。このISSから地球を見下ろすと、いったい何がみえるのでしょうか。人類が作り上げたこの絶景ポイントからの眺めを楽しみます。

  • 小学生〜大人向

  • 団体予約のみ投影

投影時間
番組約30分

こども番組 たいようくんとおつきちゃん

たいようくんは、夜空よぞらのほしさんにいたくてたまりません。
ほん調しらべたり、おつきちゃんにいてみたり、たいようくんはほんとうにほしさんにえるのかな?

  • 幼児向け

  • 団体予約のみ投影

投影時間
番組約30分

プラネタリウム番組 THE MOON 月のふしぎ

私たちにとって身近な天体である月。そんな月の満ち欠けや誕生の秘密、月の不思議を紹介します!

  • 小学校高学年から一般向け

  • 団体予約のみ投影

投影時間
番組約30分

プラネタリウム番組 宇宙 ~その大きさを感じてみよう~

はるか昔から、宇宙への憧れ、興味は尽きません。宇宙の大きさ、謎、不思議。過去から現在へ、現在から未来へ、まだ、見ぬ宇宙の世界を感じてみましょう。

  • 小学校高学年から一般向け

  • 団体予約のみ投影

投影時間
番組約30分

全編生解説番組 ものっそ星空☆トークショウ

ものっそ星空☆トークショウ

全編生解説によるこども未来館オリジナルプログラムです。
定期的にテーマを変えて投影します。今夜の星空解説とともにお楽しみください。

4月のテーマは「南十字星をみにいこう」(期間延長します)
大航海時代、船乗りは夜空に輝く4つの星「南十字星」を方角の目印にして五つの大海原をわたっていきました。
「南十字星」が見やすい時間に空高く昇ってくる見ごろのシーズンは、これから春にかけて。
そんな南半球の水先案内人「南十字星」を一緒に見に行きませんか?


小学生から一般向け

投影時間
約50分

触れる地球儀で、今の地球を見てみよう

地球の大気の状態や津波の状況などを地球儀を回して確認することができます。
リアルタイムの地球はどうなっているんだろう?

プラネタリウムホワイエ

ホワイエには、デジタル地球儀「触れる地球」などを設置しています。この「触れる地球」では、有害物質や二酸化炭素がどこで多く発生し、どのように地球に広がっているのかなど、地球の大気の流れを知ることができます。
その他、国分寺隕石の紹介、旧市民文化センターで使われていたプラネタリウム投影機の展示など、まだまだ謎に包まれた宇宙について興味を持つきっかけになればいいです。

プラネタリウムに関するお問い合わせ
電話 (087)-839-2571
FAX (087)-839-2575
お問い合わせ こちらのお問い合わせフォームからお願いします。

戦争を学んで、平和について考える

高松空襲の際の遺品などを資料と共に展示しています。図書閲覧コーナーでは関連資料が充実しているので、じっくり学べます。

平和記念館

「良い戦争はない、悪い平和はない」という理念を伝え、幅広い世代の市民が戦争を通し平和について考えるきっかけの場とするため、高松空襲を中心とした戦争遺品などを展示。
映像視聴や図書閲覧コーナーなども充実しています。

開館時間 9:00〜17:00
電話 (087)-833-2211
FAX (087)-833-2244